クリスマス・年末年始休暇のため、多くの学校では入学手続きの一時停止又は遅延が予想されます。どうぞ予めご了承下さい。
facebook
twitter

アメリカの学生ビザ


原則としてフルタイム(週18時間以上の授業時間数)の授業を受ける人は、滞在期間にかかわらず
「非移民ビザ」のカテゴリに属する、学生ビザ(F-1ビザ)の申請が必要になります。
2003年8月1日から非移民ビザの審査方法が変更され、学生ビザ申請者は国籍に関わらず、事前に予約をとって在日米国大使館(または領事館)で面接を受けることが義務づけられました(一部例外を除く)。
ビザ申請の手続き方法は予告なく変更されることも多いので、常に大使館のウェブサイトにて最新の情報を確認しましょう。

週18時間未満のコースを受講する日本国籍の人は90日以内の滞在にかぎり、短期の商用や観光目的のビザ免除プログラム(Visa Waiver Program:VWP)で入国できますので、学生ビザは必要ありません
ただしビザ免除プログラムで入国すると90日を超えて滞在したり、フルタイムへの変更、現地でF-1ビザを取得することなどは、一切できません。
2009年1月12日より、ビザ免除プログラムで入国する全ての人は電子渡航認証(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)が義務付けられました(申請は無料です)。 ESTAに関する詳しい情報・申請方法は米国大使館 ESTA公式サイトを参照ください。

問い合わせ先:
アメリカ大使館 領事部ビザ係
〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5


参考サイト(英語):
The Bureau of Consular Affairs, U.S. Department of State

surfacetoair
surfacetoair
surfacetoair
surfacetoair