現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、多くの学校がキャンパスでの授業を一時停止し、後日通知があるまでオンラインでの授業などに変更しています。入国・出国規制の強化、ビザ面接の一時停止、入国後の自己隔離の推奨などにより、多くの海外留学に影響が出ています。最新の情報については、各学校また各国の大使館や領事館に直接問い合わせし、確認していただくことをお勧めいたします。
閉じる
「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
ログイン

留学までの5ステップ

Step 1 情報収集

語学学校で提供されるコース

一般英語コース・集中英語コース

一般英語コース(General English Course)は、日常生活で使う実践的なスピーキングやリスニング、文法、リーディング、ライティングなど総合的な英語を学ぶコース。学校によっては集中英語コース(Intensive English Course)とも呼ぶ。語学学校では最も一般的なコースである。授業時間はたいてい、1日2~4時間で、週20時間以内が一般的。このコースでは、レベルも細かく分かれていて、まったく英語に自信のない人も、多少できるという人も誰もが自分のレベルに合わせて入学することができる。もちろん開講日には簡単なクラス分けテストによって、その人にあったクラスが決められる。しかし、クラスが始まってからでも、自分にレベルが合っていないと感じたら、相談してクラスを変えてもらうこともできるので、気楽にテストは受けよう。大学進学などの特別な目的がなくても気軽に受講できるので、最初はこういったコースからとることをおすすめする。大学付属の英語コースでは、上級レベルでカレッジスキル(レポートの書き方、講義ノートの取り方、図書館の使い方など)やTOEFL対策などの選択科目があり、より授業の内容も進学に備えるものになってくる。