現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、多くの学校がキャンパスでの授業を一時停止し、後日通知があるまでオンラインでの授業などに変更しています。入国・出国規制の強化、ビザ面接の一時停止、入国後の自己隔離の推奨などにより、多くの海外留学に影響が出ています。最新の情報については、各学校また各国の大使館や領事館に直接問い合わせし、確認していただくことをお勧めいたします。
閉じる
ApplyESL.com
「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
ログイン
自分一人で出来る学生ビザ申請
本当に一人で申請できるの?学生ビザに関する不安を解消!

You Can Do It Yourself!

ビザとは、受入国の大使館(または領事館)の査証部が外国人に与える入国許可証のことです。短期の留学ではビザが不要な場合もありますが、渡航先国が必要と定めたビザを持たずに渡航すると、学校に入学するどころか、その国に足を踏み入れることすらできずに強制帰国させられてしまうこともあります。
ビザの申請方法は国家関係や認可プロセスの自動化などに応じて変更されることが多いので、常に最新の情報を調べて確実に手続きを行うようにしましょう。

学生ビザに関する不安を解消!

ビザには入国目的によって様々な種類がありますが、語学学校や大学などに長期にわたって留学する場合には通常、学生ビザが必要になります。申請は、自分の国にある、渡航先国の大使館(又は関係機関)にて行います。
2001年9月に起きたアメリカ同時多発テロ事件以降、各国の非移民ビザ発給に対する規定は厳しくなったとも云われますが、学生ビザの申請に関しては手続きが比較的シンプルなので、代行サービスの手を借りずに自分で手続きをすることも十分可能です。
ここでは自分で留学手続きをするApplyESLのユーザーに是非役立ててほしい具体的な申請方法を、大使館・代表機関のウェブサイトによる最新情報も交えながらご案内します。
  • 代行サービスの手を借りずに自分でビザ手続きをすることは十分可能。自分一人で学生ビザを申請する方法をここで解説します!

国旗アイコンをクリックして、各国の手続き方法を見てみよう!