「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
自分一人で出来る学生ビザ申請
本当に一人で申請できるの?学生ビザに関する不安を解消!
原則的に6ヶ月を超える英語またはフランス語コースを受講する場合は、州にかかわらず就学許可証(Study Permit)の申請が必要です。延長なども含めて半年以上滞在する予定がある人は、予め取得しておきましょう。また、半年以下の場合も、2016年3月15日より、ビザ免除プログラムで入国する全ての人(日本国籍の方も含む)に電子渡航認証(Electronic Travel Authorization: eTA)の事前取得が義務付けられました(申請は有料で、簡単なオンライン手続きとなります)。eTAに関する詳しい情報・申請方法はカナダ政府eTA公式サイトを参照ください。

ビザ申請の手続き方法は予告なく変更されることも多いので、常に大使館のウェブサイトにて最新の情報を確認しましょう。

※在日カナダ大使館(東京)の査証部は閉鎖され、全ての査証業務は在フィリピン カナダ大使館(マニラ)に移行しました。
※日本国籍以外の方は、就学許可証が必要なくても国籍により 一時滞在者査証(Entry Visa)が必要になる場合があります。
問い合わせ先:
カナダ大使館
〒107-8503 東京都港区赤坂7-3-38
VFSグローバル カナダビザ申請センター(CVAC)
〒105-0014 東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル4F

1. 入学願書を語学学校へ提出

志望するカナダの語学学校を選び、ApplyESLの申し込みフォームで入学願書を学校に提出しよう。

2. 必要な書類を語学学校に提出

入学願書を提出してしばらくすると、学校から連絡が来ます。その指示に従って必要な書類を提出しましょう。

3. 入学許可書(Letter of Acceptance)を受領

入学が認められると、語学学校から入学許可書が送られてきます。

4. 就学許可証 (Study Permit) が必要かどうか下記にて確認

*6ヶ月以下の英語またはフランス語コースを受講する場合は、就学許可証の申請は必要ありません。 VFSグローバル「必要なビザの種類を調べる」(日本語) 就学許可証が必要な場合は、以下のカナダ市民権・移民省の情報に従って申請のための書類を確認します。 カナダ市民権・移民省「申請書」(英語) *注1:パスポートの有効期限の確認:
パスポートの有効期限が留学期間に足りているか確認しましょう。
就学許可証はパスポートの有効期限を越えて許可されることはありません。

*注2:ケベック州に留学予定の方:
ケベック州の場合は別にケベック州許可書(CAQ: Quebec Acceptance Certificate)が必要かどうかを確認。必要な場合は就学許可証申請の前に入手します。 カナダ政府「ケベック州の許可 - CAQ」(日本語)

5. 申請方法(就学許可証申請料の支払い)

現在提供されている申請方法は以下の二通りです。
(1)オンラインで申請
カナダ市民権・移民省「オンラインで申請」(英語) *支払方法はクレジットカードのみです。VISA/ MasterCard/ American Expressの三種類のみで、JCBは利用できません。
*次の方はオンライン申請が出来ません:健康診断が必要な方、16歳未満の方、同行家族がいる方。
*記入済みの書類をアップロードするためにスキャナーかカメラを使って電子版を作成することが必要です。
(2)VFSグローバル カナダビザ申請センターを通して申請(サービスは有料です)
VFSグローバル「申請方法」(日本語) *オンライン申請に比べ、処理時間がかかる傾向のため、原則オンライン申請をおすすめします。 カナダ市民権・移民省「ビザの申請料金、支払い方法について」(英語)

6. 申請

場合により個人面接、犯罪歴証明書や健康診断書が必要になる場合もあり、その場合は通知されますので、指示に従って手続きします。

7. 就学許可証発給の通知書を受領

審査終了後、郵送あるいはEメールで申請の許可が通知されます。

8. この通知書を入国管理官に渡してカナダに入国

入国審査の際、通知書と引き換えに正式な就学許可証が発給されます。
  • カナダでの滞在条件と有効期限を示した正式な就学許可証は、入国する時点で空港内の移民担当官から通知書と引き換えに発給されます。