「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
社会人の語学留学
留学を機に自分の人生を見つめ直す。

必要なのは自分を変えたいと思う気持ちと
踏み出す勇気。

社会人になってから留学をする人は多い。ところが普段の仕事で英語を使ったり、海外とのやりとりが必ずしも多いというわけでもない。社会人になってから留学を考える人の多くはむしろ、「私、このままでいいのかしら」といった漠然とした思いが多いのではないだろうか。しっかりとした目的をもって留学することはとても大切なことではあるが、帰国後のビジョンまでも見据えた人ばかりでもないのが現実である。

海外へ行くことが、昔ほど珍しいことではなくなった現在、“私、留学してました。”がそれほど大きな意味を成さなくなったのも事実。留学で何かを得るという過度な期待は、周囲もしないだろうし、自分でもしなくてよい。自分の置かれた環境を変えるために留学したいと感じている自分を、他人は“現実逃避している”と思うのではないか、なんて恐れる必要は全くない。“なぜ留学するのか”という大義名分は要らない。必要なのは、自分を見つめ直そうと考えること、そして今の自分を変えようと決めたときに一歩前に踏み出す勇気と覚悟である。