「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
5 STEPS
留学までの5ステップ

語学留学後のステップ

正規留学にチャレンジ

大学に入学するための資格と条件
大学に入学するために必要な資格は、高校(あるいは同等の)を卒業(見込み)していることである。入学条件は各大学によって異なるが、TOEFL、IELTSなどの統一テストのスコアや高校時代の学業成績(GPA)をクリアすることである。

4年制大学の特徴と一般的な入学資格、卒業によって切り開ける新たな進路
アメリカの場合は2年間の一般教養課程と2年間の専門課程を修了することによって学位を得ることができる。入学条件としてTOEFL iBT 61~80 (TOEFL PBT 500~550点)程度、GPAは2.0以上が必要。英語力が不足しているときは、大学付属の語学研修機関に行くことを条件に許可する大学も多い。海外の大学で得た学位は日本の大学を卒業したレベルと同等に認められている。コンピューターや理系学部においてはかなり評価は高い。日本の大学よりも実践的な学習方法を取り入れている海外の大学を卒業することによって、即戦力を求められたり、グローバルな観点で学習経験を積んだ実績は、近年の企業が求める人材のニーズにマッチしている。

2年制大学の特徴と一般的な入学資格、卒業によって切り開ける新たな進路
アメリカの場合は地域密着型の教育機関として幅広い年齢層が入学している。TOEFLも過去の学業成績も問わない大学もあるが、一般的には入学条件としてTOEFL iBT 46~61 (TOEFL PBT 450~500点)程度が求められる。ジュニアカレッジでは、一般教養科目が中心で、規定単位を取得後、4年制大学へ編入する学生も少なくない。

コミュニティーカレッジの特徴、卒業によって切り開ける新たな進路
ジュニアカレッジと同じく2年制大学のコミュニティーカレッジは地域密着型の教育機関として、幅広い年齢層が入学している。留学生の入学に対しても積極的で、留学生専門のアドバイザーがいるところも多い。コースは多伎にわたり、ジュニアカレッジと同じように、一般教養科目のコースがあるほか、職業訓練的なコースに注力している。ビジネス社会のベーシックな技能を身に着けることを武器に、就職の可能性は広がるだろう。

専門学校の特徴、卒業によって切り開ける新たな進路
専門学校の入学条件は大学に比べてハードルは低く、高校卒業の学歴さえあれば入学はできる。しかし、専門的なことを現地の言葉で学ぶので、ある程度の語学力をつけておかなくては入学はしたものの授業についていかれない、という結果になる。専門学校によっては、語学クラスも併設し、専門コースとともに履修することもできる。専門学校卒業資格は学位ではなく、コースの修了書である。専門学校卒業後は、インターンシップなどを利用し、学んだ専門性を現地で実践するチャンスもある。

キャリアアップにチャレンジ
英語ができて当たり前の世の中。留学を自分の将来に生かしたいのなら、海外で学んだからこそ身に付けたこと、いわば付加価値を1つでも多くつけることだ。 ボストン、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、東京で行われる留学生を対象とした「キャリアフォーラム」などの就職説明会は、語学力を活かした仕事と出会う大切な情報源にもなっている。今やキャリアフォーラムは留学生の就職活動のスタンダードとなっているが、企業が留学生に求める共通項は、4年生大学以上の学位が基本となる。また、海外留学経験者に期待するポイントとしては、新しい環境で遭遇したさまざまな問題をいかに自分で考え、行動し解決したか、そのマインドと行動力である。学習面でも生活面でもポジティブに生き、実績を積むことによって評価されることは大きいはずだ。
「キャリアフォーラム」に関する詳細は下記のリンクにて
http://www.careerforum.net/