「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
DISCOVER
留学先の国を知ろう

カナダ

1. 国についての基本情報
3. 語学留学生に人気の都市

1. 国についての基本情報

概要

カナダは10の州と3の準州からなる大国。国連の過去5年間(1995~1999年)カナダは「世界で最も住みやすい場所」とされた。世界的な水準でみても、教育水準、医療制度、公共交通機関などさまざまな観点からカナダでの生活はレベルが高い。こういった恵まれた環境の中、カナダでは、多文化の社会をじかに経験し、四季折々の美しい自然に触れることができる。アメリカ同様、多くの移民を受け入れてきた多民族国家だ。しかし大きく異なる点は、銃所持の規制が敷かれているため、隣の国にもかかわらずその犯罪率は低い。カナダの教育レベルは高く、国内のどの大学も世界レベル平均でみても平均以上だ。教育レベルだけでなく、文化、芸術方面でも多彩な特色を持っている。自然、教育、文化など、ありとあらゆる面で快適な留学生活が送れるだろう。

気候

カナダの広大な国土の気候は、時期や場所によってまったく違う。バンクーバーなどの都市がある、太平洋岸は比較的温暖で、緯度も北海道とかわらない割には、寒さは厳しくはない。雨が多く、豊かな緑の森を育てている。ロッキーを中心とする山岳部は積雪量も多く、スキーリゾートのメッカだ。中部の平原地帯は年間を通して日照時間が長く、乾燥した気候で寒暖の差が激しい。五大湖周辺は夏は高温多湿で冬は雪が多い。東部の大西洋岸は南北の気流・海流がぶつかる場所でもあり、天候の変化が激しい。夏は涼しく冬は寒さが厳しい。北部一帯は冬はマイナス30℃以下になる氷の世界になる。また、カナダの人口が集中する、アメリカ・カナダの国境に沿った南部地域では春夏秋冬の四季がはっきりしていて、四季の移り目を楽しむことができる。

歴史

カナダという地名はもともと「集落」を意味する先住民族の言葉であった。最初のヨーロッパ人がカナダを発見したのは985年にノルウェー人の探検家が最初と言われている。その後イタリア人のカボットがイギリスのヘンリー7世の命を受け、ニューファンドランド島に到着そしてここを最初のイギリス領と宣言した。1534年にはフランス人のカルティエがフランス国王の命を受け、現在のケベックとモントリオール一帯をフランス領と宣言した。その後もイギリスとフランスの植民地獲得の争いは先住民族を巻き込みながら続き、フランスは戦いに敗れ、第一次世界大戦が終わるころまでカナダはイギリスの統治かにあった。1931年にはウェストミンスター条令によりカナダは自治権を獲得した。カエデの葉をシンボルにしたカナダの国旗は1965年に誕生した。

国民性

カナダ人は一般的には、フレンドリーで礼儀正しく、ピースフルでとても穏やかな国民であると言われている。あくまでも「カナダ的」であることに固執している彼らはアメリカ人と間違われることを極端に嫌う傾向がる。しかし、それとは矛盾して、一般のカナダ人は、隣の“ビッグ・ブラザー”であるアメリカにある種の憧れをも同時に抱いている。実際、文化、社会、経済面において、アメリカ化の傾向は強くなる一方。そういう傾向ゆえに、彼らがカナダというアイデンティティーにこだわりをもっているのかもしれない。