現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、多くの学校がキャンパスでの授業を一時停止し、後日通知があるまでオンラインでの授業などに変更しています。入国・出国規制の強化、ビザ面接の一時停止、入国後の自己隔離の推奨などにより、多くの海外留学に影響が出ています。最新の情報については、各学校また各国の大使館や領事館に直接問い合わせし、確認していただくことをお勧めいたします。
閉じる
「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
ログイン

留学までの5ステップ

Step 4 留学とお金

海外で働く

留学中に働くのは不法就労

語学習得を目的とする語学留学者の場合は、留学先の国での就労は原則的に認められていない。アルバイトの範囲内なら大丈夫だろう、というのは間違いである。ほとんどの国では学生として入国している留学生のアルバイトについて禁止している。もし許可を得ず働けば、それは違法行為。見つかった場合は強制送還となり、場合によって再入国ができなくなる事態さえ考えられる。
語学学校に在学中の就労についてはまず考えない方が良い。学費を賄うためのアルバイトが必要な状態の間は、留学は控え、勉強に専念できる経済的状況をまず作ってから出発しても遅くない。



留学生ができるアルバイト
大学や大学院で学ぶ正規留学生の場合、移民局の定める就労規則と学校の規定に基づき、就労が許可されることがある。いずれの国も、学業を優先するという考えから、労働可能時間は週20時間程度以内に制限されている。ほとんどがキャンパス内施設でのアルバイト程度になるため高収入はまず期待できない。因みに学校外での労働は移民局の許可があればできるが、許可されることはないと思って差し支えない。合法的に働きたいのなら、大学へ進み、学位を取得し就職先を見つけることだ。