「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
5 STEPS
留学までの5ステップ

留学にかかるお金

目的にあった留学プランと予算を立てる

留学費用は渡航前にかかる費用と渡航後にかかる費用の2つに大きく分けられる。留学前にかかる費用については、情報収集や入学手続きなどの準備段階で様々な工夫をすることでお金を節約する人も多い。大きな個人差が出るのは実は渡航後にかかる費用であることを知っておこう。留学先の国や地域、学校のタイプ、留学期間、滞在施設、さらには個人のライフスタイルや生活パターンなどによって千差万別である。留学生活を終えるまでに一体どのくらいのお金が必要になるのかおおよその検討と予算立てをしておくことは非常に大切なことである。


お金をできるだけ使わずになるべく長く海外に滞在したいという人もいるだろうが、あまりにも無謀な資金計画で留学することはおすすめできない。留学中には様々な出来事が起こり、思いがけず余分な出費をすることもある。生活費を切り詰めた生活を送っていて健康を害したり、安全管理に気を配ることを忘れ、危険な目にあったりするようでは、本来の留学の目的を達成することさえ難しくなってくる。 明確な留学の目的とそのための充分な資金の確保が安定した留学生活を送る上では大切なことである。資金準備が不十分だと感じたら、まずは日本で働いて資金が溜まるまで待つ、留学前にはそのくらいの覚悟と強い目的意識、そして心のゆとりが必要であろう。

留学資金の確保

短期の語学留学の場合、留学を思い立ってから日々の貯蓄やアルバイトをこなすことで、ある程度の資金が貯められるが、長期で留学を考えている場合は、一度にまとまったお金が必要になってくるため、資金確保には気を配りたいところ。安易に留学先での奨学金やアルバイトを初めから期待し、資金計画に組み込むことは絶対にさけるべき。留学生がアルバイトをすることを制限または禁止している国や学校はかなり多いということも覚えておきたい。
日本から申し込むことが可能な奨学金については、外国政府、日本政府(文部省)、地方公共団体など公的な団体から民間の団体まで様々な奨学金があり、その多くは応募資格に学歴、語学力、研究歴、専攻などの限定がある。申し込む際は個別に問い合わせてみよう。
奨学金の内容も授業料の一部または全額が免除されるものから、生活費まで援助してくれるものまで様々である。


また、奨学金とは別に、教育ローンなどを利用することも1つの方法である。教育ローンには国が貸し主のものや、民間の金融機関が提供しているものがあり、保護者対象のものと本人が直接借りられるタイプに分かれる。一般的には国民生活金融公庫の「教育ローン」の金利が一番安いとされている。

surfacetoair
surfacetoair
surfacetoair
surfacetoair