現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、多くの学校がキャンパスでの授業を一時停止し、後日通知があるまでオンラインでの授業などに変更しています。入国・出国規制の強化、ビザ面接の一時停止、入国後の自己隔離の推奨などにより、多くの海外留学に影響が出ています。最新の情報については、各学校また各国の大使館や領事館に直接問い合わせし、確認していただくことをお勧めいたします。
閉じる
ApplyESL.com
「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
ログイン

留学までの5ステップ

Step 1 情報収集

語学留学ってどんなもの?

なぜ多くの人が海外留学を希望するのか?

語学留学とは
日本国内でも英語の勉強はできるが、しょせんは机上だけ。留学となると、英語を生で学びなおかつ、即実践できる。ネイティブの人を相手にどれだけコミュニケーションが取れるかといったことは日本国内ではなかなか体験することができない。そういった貴重な体験ができるのが語学留学の醍醐味といえる。

語学留学を通して今後の可能性を探る
語学留学の先には図り知れない可能性が広がっている。異国の地でさまざまなことを経験することでいろんな意味で成長することができるのだ。語学留学はひとつのきっかけにすぎない。留学期間中に培ったものは進学するときにも、就職するときにも、転職するときにも、経験としてその人の肥やしなることはまちがいない。

正規留学に挑戦
語学留学のその先の可能性の一つとして、大学、大学院、専門学校などへの進学がある。語学力に自信のない人でもまずは、語学留学で語学力をアップしてから入学を考えることもできる。また、大学によっては条件付きで語学の勉強をしながら正規の講義を受けられるといところもある(コミュニティーカレッジなどに多い)ので、正規留学は夢なんて思わず、挑戦してみよう。

仕事や生活に役立つ「英語力」を習得
将来的に海外で仕事をしたいというのであれば、留学中にアンテナをはって現地での就職状況をキャッチしたり、インターンなどで人脈を作ることができる。しかし、英語はあくまでも道具にすぎない。留学経験をどのようにに生かせるかといったテーマを持って英語を習得しよう。

グローバルな価値観を習得
語学学校には、世界中からいろいろな人が集まってくるため、いろいろな価値観や文化に出会うことができる。今まで知らなかったことをたくさん経験して、真の国際人として活躍できるチャンスをつかむことができる。

海外生活を体験
憧れだった海外での生活をはじめるには、語学留学はよいきっかけになる。午前中は語学学校に通い、午後は思いっきり自分の好きなことに挑戦してみるのもいいだろう。スポーツ観戦に行ったり、美術館めぐりをしたり、映画を見にいったり、現地での生の生活はもはや憧れではなく現実になるのだ。