「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
5 STEPS
留学までの5ステップ

語学留学ってどんなもの?

なぜ多くの人が海外留学を希望するのか?

語学留学とは
日本国内でも英語の勉強はできるが、しょせんは机上だけ。留学となると、英語を生で学びなおかつ、即実践できる。ネイティブの人を相手にどれだけコミュニケーションが取れるかといったことは日本国内ではなかなか体験することができない。そういった貴重な体験ができるのが語学留学の醍醐味といえる。

語学留学を通して今後の可能性を探る

語学留学の先には図り知れない可能性が広がっている。異国の地でさまざまなことを経験することでいろんな意味で成長することができるのだ。語学留学はひとつのきっかけにすぎない。留学期間中に培ったものは進学するときにも、就職するときにも、転職するときにも、経験としてその人の肥やしなることはまちがいない。

正規留学に挑戦
語学留学のその先の可能性の一つとして、大学、大学院、専門学校などへの進学がある。語学力に自信のない人でもまずは、語学留学で語学力をアップしてから入学を考えることもできる。また、大学によっては条件付きで語学の勉強をしながら正規の講義を受けられるといところもある(コミュニティーカレッジなどに多い)ので、正規留学は夢なんて思わず、挑戦してみよう。

仕事や生活に役立つ「英語力」を習得
将来的に海外で仕事をしたいというのであれば、留学中にアンテナをはって現地での就職状況をキャッチしたり、インターンなどで人脈を作ることができる。しかし、英語はあくまでも道具にすぎない。留学経験をどのようにに生かせるかといったテーマを持って英語を習得しよう。

グローバルな価値観を習得
語学学校には、世界中からいろいろな人が集まってくるため、いろいろな価値観や文化に出会うことができる。今まで知らなかったことをたくさん経験して、真の国際人として活躍できるチャンスをつかむことができる。

海外生活を体験
憧れだった海外での生活をはじめるには、語学留学はよいきっかけになる。午前中は語学学校に通い、午後は思いっきり自分の好きなことに挑戦してみるのもいいだろう。スポーツ観戦に行ったり、美術館めぐりをしたり、映画を見にいったり、現地での生の生活はもはや憧れではなく現実になるのだ。

ESLって何?

ESL(English as a Second Language)は、第二言語としての英語という意味。一般に、留学生のための英語コースのことである。海外の語学学校あるいは、大学付属の語学研修機関で、このESLのコースを受講することができる。ESLコースでは、世界中の人たちが集まってきて、英語を学んでいるという、とてもインターナショナルな場でもある。ESLコースは、現地の大学などの留学を目指している留学生が正規の授業についていけるように、集中的に英語を学ぶ場でもある。ESLを修了するときは、先生の“大丈夫”というお墨付きをもらった印。ここで正規留学を目指している人は、正規のクラスに入ることができる(場合によってはESLを受けながら、正規の授業を受けることもできる)。こういった正規留学ための準備コースという意味合いのほかに、高校や大学の夏休みを利用して、短期で現地の学校のESLコースに語学のステップアップのために入学するということもできる。ESLコースでは、話す、聞く、読む、書く、文法などを集中的に学び、時にはプレゼンテーションやレポート提出など、さまざまなことを通して英語を学んでいく。イギリスではEFL(English as a Foreign Language)と呼ばれることが多い。

語学学校を選ぶ前に知っておこう

入学資格
語学学校に関しては、大学付属の語学学校も私立の語学学校でも入学資格は特別に設けていないため誰でも入ることができる。たいていの大学には付属の英語研修機関があり、ESLのコースを設けている。コロンビア大学などの一流大学であっても語学コースには入学することができるが、大学の正規学部課程などに入学できるというわけではない。また、ある特定の職業(秘書、観光、航空会社、マルチメディアな)に必要な語学力やスキル養うための専門英語コースなどでは、入学時に一定以上の英語力が問われる。コースにもよるが、実務経験があり、なおかつ上級レベルの語学力がないと入学することができないコースなどもあるので注意が必要。

語学学校は英会話学校ではない
海外の語学学校は、日本の英会話学校とはかなり系統の違うものだということを知っておいてもらいたい。通常は読む=Reading、話す=Speaking、聞く=Listening、書く=Writing、文法=Grammarの語学スキル全般にわたってまんべんなく勉強していく。いわゆる基本的な会話だけのクラスというものはない。各授業内容は工夫されている。たとえば、スピーキングのクラスでは、たいてい先生から「○○についてみんなで論じなさい」といったようなテーマが与えられ、生徒たちは個人、またグループなどに別れて、ディスカッションしたり、ディベートなどをして、生徒同士で熱い論議を交わしたりするシーンも見受けられるほど。もちろん、語学学校では細かくクラス分けがされているので、レベルに応じた内容の授業を受けることができるので安心だ。英語の総合的な勉強を論理的に進めていくことで、自然に喋る力や聞く力が向上していくのだ。

日本人のいる学校にこだわらない
海外の語学学校で日本人のいない学校を探すのは難しいかもしれない。語学学校で多いのはやはりアジアの人たちだ。韓国人、香港チャイニーズ、日本人など、アジアの顔ぶれが並ぶ。ほかにも中南米やヨーロッパ諸国の留学生、カナダなどでは、ケベック州からフランス系カナダ人も語学の勉強をしに来ている。そういうインターナショナルな状況の中で、日本人同士の付き合い方は自分でコントロールすることが必要だ。ずっと日本語を話していたのでは、いつまでたっても語学の上達は望めないし、どうしても他国の人たちから孤立してしまう傾向になってしまう可能性が高いからだ。それでは語学留学した意味がなくなってしまう。かといって、息抜きに日本語を話すこともときには必要かもしれない。節度を持って日本人同士で付き合っていくことが大切だ。どこの語学学校でも、日本人が多いクラスはたいていIntermediate Class(中級クラス)に集中しているため、Advanced Class(上級クラス)にいくと、日本人は少ない。どうしても日本語を話してしまいそうな人は、上のクラスを目指すようにしよう! もちろん最初からは難しいかもしれないが、高い志があれば、どこに行っても大丈夫。

最近の語学留学事情
膨大な情報が私達の生活に入ってきている中で、「留学ってこんなに簡単に、しかも誰でもできるの?」という考えが一般的になってきている。今までは高校生や大学生、20代の留学が主であったが、小学生からシニアまで、または親子で、夫婦で、といったように、年齢層も形態も幅広く、さまざまなプログラムが世の中に出回るようになってきた。それだけ需要が増えているということになる。実際、語学留学をきっかけに、大学、大学院に進学する人や、仕事のキャリアを海外で積む人、海外ボランティアに参加したりする人が増えてきている。または、単にあこがれの国で生活してみたいという単純な夢も叶ってしまうのだ。きっかけは、語学留学でも、その先に広がる可能性を考えると、単に語学の習得ということだけではなくなってきているようだ。気軽に海外に語学留学できるという傾向は今後ますます強くなり、次のステップを登る人もますます増えてくるだろう。

「語学留学」実現までのスケジュール
留学までにはさまざまな準備が必要になってくる。情報を収集からはじまり、資料請求をして、願書提出から入学手続きももちろんしなければならい。しかも日本とアメリカやカナダなど何千キロも離れた土地にある学校とのやりとりには時差も常に考慮に入れなければならない。留学先の語学学校にもよりけりだが、留学する期間や国によってはビザを申請しなければならないところもあるし、国の事情などによっても、ビザの発給に思いの外、時間がかかる場合もある。学校によっては事務処理が煩雑なところもある。どんなトラブルが起きても余裕を持って対処できるように、少なくとも3~6カ月前からの準備はしておきたい。具体的には、6カ月前:情報収集、5カ月前:資料請求、4カ月前:提出書類の作成と願書提出、3カ月前:入学許可証が送られてくる(ビザが必要な場合は大使館で申請)、入寮手続きやホームステイの手続きなど、2カ月前:渡航準備(航空券、現金の用意など)、1カ月前:この時期にはすべての準備が整えられている状態でありたい。ホームステイを予定している人は、ホストファミリーに「よろしくお願いします」といった内容の手紙を出しておきたい。