現在、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、多くの学校がキャンパスでの授業を一時停止し、後日通知があるまでオンラインでの授業などに変更しています。入国・出国規制の強化、ビザ面接の一時停止、入国後の自己隔離の推奨などにより、多くの海外留学に影響が出ています。最新の情報については、各学校また各国の大使館や領事館に直接問い合わせし、確認していただくことをお勧めいたします。
閉じる
ApplyESL.com
「自分の力で語学留学」を実現する!語学学校検索・出願サイト
ログイン

留学先の国を知ろう

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国: 語学留学生に人気の都市

都市情報

ニューヨーク <ニューヨーク州/人口733万人>
マンハッタンの摩天楼である、ビル群が織成すニューヨーク独特の風景や、聖ヨハネ教会大聖堂 (1892年着工) やトリニティ教会などの歴史的な建造物。対照的な風景が混在する、アメリカ最大の人口をかかえた都市がニューヨークだ。同時に世界の経済・文化の中心、そして発信の地でもある。世界の中心都市に留学する魅力は語学以外にもたくさんあるだろう。危険都市のイメージがぬぐいきれないが、90年代に入ってからは、ジュリアーニニューヨーク市長の諸施策により、犯罪率の低下など、安全で清潔な街づくりが実践されている。

ロサンゼルス <カリフォルニア州/人口345万人>
アジア諸国からは比較的近く、気候も穏やかで年間を通しても、過しやすい気候や、青い海と青い空が作り出す西海岸独特の開放感があるという理由などから、特に留学先として人気が高い。ディズニーランドやユニバーサルスタジオなど、世界的に有名なランドマークである、アミューズメントパークや、映画でみる街並みがそのまま体験できるといった、エンターテイメント的な要素も手伝って、この都市の人気は堅い。語学留学後の進学を考えている人にとっては、この都市は大学が多いというのも見逃せない。

シアトル <ワシントン州/人口52万人>
水と緑に囲まれた、その美しい景観から「エメラルド・シティー」の愛称をもつ、ワシントン州最大の都市。アウトドア・スポーツのメッカでもあり、また、ハイテク産業の拠点でもあるこの都市は物価も治安も他の大都市に比べると比較的安く、安全。このようなことから、国内でも「最も住みやすい街」のひとつとされて、人気も高い。豊かな自然と、洗練された都市生活が同時に満喫できる。習するにも適した環境といえる。勉強するにも適した場所といえる。

治安状況

一般的には治安はよいと言われているが、都市部において徐々に治安の悪化が見られる。ほとんどの場合、置引きやスリ、引ったくり等の財産犯による被害が多いので、自分の所持品にはくれぐれも注意が必要だ。またカナダではアメリカほど銃器の規制が自由ではないにしろ、相手と対峙するような場合、相手が銃を持っていないとも限らないので、抵抗しないで、相手の要求通り、金品を与えたほうが無難だ。

興味のある学校に質問してみよう!

語学学校を検索